よもやまばなし・・・

2017年6月24日

<速報>
だいぶ前ですけど、ヤフーニュースで「39光年先に生命存在の惑星発見!」っていう「速報」が出ましたけど、速報じゃなくてもええんとちがうかな・・・
なんぼ頑張っても、光の速さで39年ですから。

<カラス>
赤信号で止まったら、横断歩道で待っていたカラスが横断歩道を渡り始めました。
「やっぱりカラスは賢いなあ」と息子が言うてました。

<ラクダ>
ラクダには全く無駄が無いそうです。すべてが機能的に進化しているらしい。何日も食べなくても生きているし、人間よりもはるかに体の機能が進化しているというのです。まつ毛も長いし。それに反し、人間の体はどんどん退化しています。一日に何回もトイレに行かないといけないとか、すぐおなか減るとか、服着ないと寒いとか、歩くのも遅い、荷物もあんまり持てない・・・などなど。
でもすべて頭で解決してしまうから体の進化が止まったらしいのです。でも、体の進化の最終形がラクダなんて、それはイヤ。顔もぶっさいし。

<文句>
文句ばっかり言うてたらあほになります。文句言ってうまくいくならなんぼでも言うたらいいのですけども、そんなはずはありません。文句を言って自分がすっきりしてもなんら環境は改善できません。文句を言う前に言わんでもいいようにしないといけません。

<現実>
先日、ラグビーの大畑選手の記事を見ていまして、「迷ったらしんどいほうを進む」ことがポリシーだと書いてありました。僕も仕事始めてから20数年ずっと同じことを思っています。彼は「夢は現実の積み重ねで将来の夢は将来の現実」と言うてはります。
迷わなかったらなんぼでも楽なほうへ進めばいいと思うのですが、迷うということは、頭が思いついているということですから、浮かんでしまってやれることであれば、しんどいほうに行かないといけません。良くなっていきたいならば・・・ですけど。いまやっていることが将来の現実なのです。繋がっています。夢はいきなり叶いません。

なんか、ばらばらの話を書いてみました・・・