社長のひとり言

本きもの松葉社長のブログです。とりとめのないひとりごとをつぶやいております。

きれいにきれいに

先日休みの日にお参りに行ってきました。 休みの前夜、本屋さんに行ったのですが「神様の風が吹く・・・」みたいな内容の本を見つけました。「神社で拝んでいたら神様の風を感じる」とか「神様が通る」とか、そんな内容を書いていました。僕はそもそも神様を信じているので、なるほどなあと思いながら読んでいたのです。その時の自分は気持ち的にマイナスで(スランプ中です)、三日後は展示会があって、明日休日というタイミング… 続きを見る

稲作・・・

稲作だけではないですが、作物って、なんぼ栄養与えても、なんぼ水与えてもお日様あてても、手入れを頑張っても秋の収穫時期が来るまでは実がならない。よくよく考えたら、子供もなんぼご飯食べても時間が経たなければ大人にならない。 時期が来るまで、一生懸命に待たなければいけない。酸いも甘いもすべて含めて愛情ですし、厳しいことも栄養分のひとつ。栄養分を注ぎながら待つ・・・なかなか大変です。 毎日一生懸命の繰り返… 続きを見る

成人式おめでとうございます

  2017年の成人式が終了しました。 今日は社員全員が地域密着のきもの専門店の一員として、お客様に最高の成人式を迎えて頂きたいという思いで着付けを致しました。着付けの先生方にも全員応援いただいて本当に感謝です。 そして今日はスタッフの言葉に感激です。午前2時からのスタートでへとへとだったと思いますが、「楽しい」「嬉しい」と言ってました。弊社は自分のお客様は自分で着付けまたはサポートします。 ある… 続きを見る

システム

先日、久々にお弁当を買おうと思い立ち、本店近所の総菜屋さんに行きました。いろんなおかずが並んでいましたが、値段が書いていないうえ、手のひらサイズの入れ物のパックが重ねて置いてあるだけでした。たぶん、このパックにおかずを入れるのだろうと予想しながら、グラムとか個数で値段が決まるんかなあ、時価?と少しウケながら、恐る恐るから揚げを入れました。時価なので(勝手に思い込み)おっきいやつ入れたらお金がかかる… 続きを見る

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は多大なるご愛顧を頂き、本当に有難うございました。 おかげ様で本きもの松葉は2017年をスタートすることが出来ました。 皆々様には本当に心より感謝申し上げます。 今年は皆様のご期待にさらに応えることができるように頑張ります。 本年もなにとぞご愛顧のほどお願い申し上げます。   今年も恒例の「今年の一字」を考えました。 昨年は新・心・信・進・しんしん・・・… 続きを見る

レシート

レシート大丈夫ですか? コンビニのレジで清算したときに最近の若いスタッフに言われるのですが、答えようがありません。 「レシートを勝手に捨ててもあなたはお怒りになられませんか?大丈夫ですか?」という意味なら、 「怒りませんよ」と答えたらいいのかな・・・ それとも、「レシートは紙でできていますが、黄金で作り直さなくて大丈夫ですか?」かな? それなら「紙で結構です」と言わないといけないし・・・ 「すでに… 続きを見る

じないまち

本きもの松葉の本店近くには江戸時代の街並みが残る富田林の名所「じないまち」があります。 10年ほど前まではあまりアピールもしていなくてひっそりしていたのですが、ここ最近はいろんなお店が出来てきて楽しそうになってきました。 僕が応援している東京の詩吟ユニット「シエ」さんは、先月じないまちでミュージックビデオを撮影しましたし、3年ほど前には弊社で成人式の映画を撮ったのですが、それも舞台は寺内まちでした… 続きを見る

いまさらなんですが・・・ネコ

チャイ       プー       私の家では2匹のネコを飼っています。 名前はチャイとプーです。チャイはそろそろ8歳ぐらいでプーは6か7歳かな・・・どちらもメスです。 性格は全然違います。チャイは娘が学校の帰りに拾ってきました。生まれて一か月ぐらいの子猫だったと思います。とてもひ弱で今にも死にそうな感じでしたが、今はブタで短足で健康です。 プーは娘がチャイを飼うこ… 続きを見る

自分で考える

思考停止になってはどうにもいかなくなる。 自分に解決策が無いとき、人の意見がすべて正しいように聞こえたりする。結局、ひとが考えていることはその人が良いと思っていることで、自分ではない。 想像して自分の場合を考えて自分の意見を導かないといけない。知恵はたとえ誰かが先にやっていたことでも自分の頭からひねり出さないといけない。やっぱり、自分で考える。 人の意見も聞いて、世の中も見て、自分で考える。 無理… 続きを見る

そんなもんです・・・!

先日20年ぶりの人に会いました。 そのお方は僕が社会に出てまだ間もないころに出会った経営者の方です。当時、たまたまのきっかけで晩御飯をごちそうになることになりました。業界は全く違うのですが、その方は大きな会社のオーナー社長さんで、お金持ちで、事業家で、当時の僕から見れば雲の上にいるような人でした。当時その方は60歳ぐらいで僕は25歳でした。食事の時も仕事の話はほとんどなく、遊びや飯の話(グルメの人… 続きを見る

1 / 212