【大阪市】天満橋店でおススメの振袖コーディネート3選

皆さまこんにちは!振袖事業部の荒木です。 今回のスタッフブログでは、天満橋店でイチオシの振袖コーディネートのご紹介をさせていただきます! 天満橋店以外の店舗も順番にご紹介させていただきますので、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ(*^^*)

_

コテコテの古典柄の振袖を個性的にコーディネート

正統派の赤色の振袖に黒地の半衿とコールドの重ね衿で胸元はゴージャスに、珍しい青色の帯も柄の中に水色や青色がたくさん配色されているので、バランスよくまとまります。 ハイウエスト部分には鮮やかな緑色の帯揚げを持ってきてキリっと個性的なコーディネートにしてみました!

使用アイテム

  • 刺しゅう半衿:黒地に赤色の小花柄のパール刺しゅう
  • 重ね衿:黒地にゴールドの飾り付き
  • 帯揚げ:濃い緑色のちりめん素材に刺しゅう
  • 帯締め:黒色×金色、ちりめんのつまみ飾り付き

スタッフからひと言…

「赤色の振袖は着てみたいけど、他の人と色がかぶりそう…」と思っているお嬢様!小物の組み合わせで振袖の雰囲気はずいぶん変わります!あなただけのコーディネートがきっと見つかりますので、ぜひ一度試してみてくださいね!!

 

_

ピンクがメインカラーのフェミニンコーディネート

可愛らしいピンクの振袖に白系の帯を合わせた全体的にふんわりした雰囲気ですが、重ね衿の濃い水色や帯締めの濃い赤色でを顔や胴回りに配色して引締めるポイントは引締めています。 本きもの松葉のオリジナル振袖「和振」の内の1枚なのですが、カタログに掲載されているもの(詳しくは→コチラ)とは違うコーディネートにしました。 皆さんはどちらのコーディネートがお好みでしょうか?(笑)

使用アイテム

  • 刺しゅう半衿:白地に矢絣と蔓バラの刺しゅうのアシンメトリ
  • 重ね衿:水色×金色
  • 帯揚げ:濃い緑から黄緑へのグラデーション、しぼり
  • 帯締め:濃い赤色×金色、黒色の転写珠飾り付き

スタッフからひと言…

帯にも重ね衿と同じ水色が使われています。ピンクと水色の組み合わせは(サンリオのキキララちゃんみたいで)最高にカワイイと思っているので、可愛い雰囲気がお好きなお嬢様におススメです! 緑系の帯揚げでさわやかさをプラスして、甘くなり過ぎないようにしました!

_

個性的な水色の振袖をレトロ風にコーディネート

振袖カタログ「KimonoWalker」に掲載されていた振袖の一つです。古典柄の振袖ですが、「大柄」で「無地場の多い」「とび柄(柄と柄の間に隙間のある配置)」の振袖なので、レトロな雰囲気でもまとめられる振袖です。 今回は市松模様の小物を使ってレトロな雰囲気になるようにコーディネートしてみました。 小物の組み合わせで雰囲気のがらっとかわる振袖なので、好みの違う姉妹様にもおすすめです。

使用アイテム

  • 刺しゅう衿:白地にピンク×薄ピンクの市松模様の刺しゅう
  • 重ね衿:濃い紫×金色、パール飾り付き
  • 帯揚げ:白×紫の市松模様と白地に黒のドット柄
  • 紫色×白・水色・金色・ピンクの丸組み

スタッフからひと言…

振袖自体のインパクトが強いので、小物は紫を中心に色数を抑えてまとめました! 2020年はオリンピックイヤーということで、小物は市松柄をたくさん入れてみました(笑) 絶対に人とかぶりたくない!という個性派コーディネートがお好みのお嬢様におススメです!

_

この他にも色々な振袖、振袖小物、たくさんございます!

同じ振袖でも帯や小物のコーディネートで雰囲気が変わってきますので、ぜひ実際に身にまとって運命の一枚の振袖や、お嬢様だけのコーディネートを見つけていただきたいです! そのためのお手伝いでしたら喜んでさせていただきますので、ぜひお時間のあります時にお近くの本きもの松葉までご来店くださいませ(*^^*)

どうぞ宜しくお願いいたします!