2020年成人様用和振 カタログ用写真撮影

皆さまこんにちは、振袖事業部の荒木です。
今回のスタッフブログではタイトルの通り!以前から準備を進めておりました(関連記事→コチラ)、新しい和振のカタログ用のお写真撮影が終了しましたので、その撮影の様子をレポートさせていただきますね!(*′ω′*)

今年の撮影ではSeventeen専属モデルの横田真悠さんと、

モデルの七海さんに和振を着用してもらいました!!

お二人ともかわいくステキに着こなしてくださって、ありがとうございました!!

_

今年のロケ撮影は京都山科にある随心院さんで行いました!随心院さんは小野小町ゆかりのお寺として有名だそうで、小野小町のイラストの描かれた絵馬なんかもおいてありましたよ。

(画像は随心院HP http://www.zuishinin.or.jp/ のスクリーンショットです。画像クリックで随心院HPにジャンプします)

普段は立ち入り禁止になっているお部屋の中や、お庭で撮影をさせていただきました。

そしてもはや追っかけのようなただのギャラリーと化している仲田さんと小倉さん…。二人の真剣さが背中から感じ取れる一枚になりました。めちゃくちゃ真剣に写真を撮ってます。背中で語る女です。

振袖プロジェクトチームの前回の活動報告をさせていただいたスタッフブログ(過去記事→コチラ)で次回の活動日にメンバーの正面の写真を撮ってきますとお約束しましたが、そのお約束の品がこちらになります。ご査収くださいませ。。。

控室での様子ですが、カメラを向けると打ち合わせをしていたかのように二人とも顔を伏せてしまいました。ちなみに手前が仲田さん、奥が小倉さんです。(田居さんはシャッターチャンスを逃し続けました。次の写真↓で勘弁して下さい)

前回の和振の撮影の日は雨が降っていたので(過去記事→コチラ)、今年の撮影は良いお天気の日にできてよかったです(*^^*) しかしいくらお天気が良くても京都の冬の朝は寒かったです…。撮影スケジュールの連絡と一緒にスリッパの持参をおススメされていたので、毛糸の靴下と一緒に持っていったのですが、それでも寒かったです。

日向は暖かかったので日差しで暖を取っている所を激写されていました。先ほどの写真(完全に 盗撮 不意打ち)の報復でしょうか。全然気が付きませんでした。この写真を見た國方本部長は「おじいさんとおばあさんやな!」と言って笑っていましたが、部長、女子二人(田居さん:中心 と 私:左)はまだ二十代の若者です…。

お寺の色々な場所で撮影をして、お昼頃にロケ撮影は終了です!毎年のことですが、かわいいと言っているだけで午前中が終わっていました(笑) 撮影のあった日(1月16日)は3月の陽気と天気予報で報道されていただけあって、お昼前にはかなり暖かくなっていました。今回のロケ撮影は本当にお天気に恵まれた撮影になって良かったです!! 今回の振袖はコーディネートの時に見た平面ものより、撮影の時に実際にモデルさんが着てくれている立体になったものの方がずっと良く見えました!!あまりに振袖の雰囲気が変わっていたので「あんないい振袖えらんでたっけ??」と一人で何度か首をかしげていました(笑)

_

午後からは場所を移動して、スタジオでの撮影です! 昨年も本物のワッフル(お菓子)を小道具として使うなど、趣向を凝らした撮影をしていただきましたが、今回も背景などかわいくステキに撮影していただけました!

前回はこんな感じでした↓↓

(画像クリックで2019年成人様用和振のメイキング動画ページにジャンプします)

今回はこんな感じです↓↓

背景を変えて撮影↓↓

昨年の和振カタログとはまた違ったカタログが出来上がってくると思います!今からカタログの出来上がりが楽しみです!!(*^ω^*)

撮影にご協力くださいましたモデルの横田真悠さん、七海さん、撮影スタッフ、スタイリストの皆さま、和振を作って下さったメーカーさま、小物などの問屋さま、関わって下さった皆さま、本当にありがとうございました!! 昨年以上に良い「和振~わっふる~」が出来上がったと思います! 店頭発表はもう少し先になりますので、皆さまどうぞ楽しみにお待ちくださいませ。