スーツか袴どっちがかっこいい!?男子に知ってほしい女子の意見


img_press_suit_hakama

一生に一度の成人式、男子だってかっこよくきめたいですよね。

周りにスーツを着るか、袴を着るか迷っているお友達や彼氏はいませんか?

スーツは真面目な人が着るもの袴はやんちゃな人が着るものというイメージが強いと私は思っているのですが、みなさんはどうでしょう。

実は袴を着ていきたいけど悪目立ちしたくない…!なんて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今日はスーツを着るメリットと袴を着るメリット、また着こなすポイントをお話ししていきたいと思います。

周りにいる男子にアドバイスしてあげて下さい。

 

スーツを着る

メリット1・クールに決まる!

スーツを着ると普段よりかっこよく見える!という話をきいたことがあります。

私の友人にもスーツを着ると7割増しくらいかっこよく見えるという子もいるほどです。

これはあくまでもその子の感想ですが…。

しかし世の中にはスーツ萌えという言葉があるくらいですから、普段、私服や制服で会っていた同級生がいつも着ないスーツで現れたら女の子はドキッとしてしまうかも知れません。

メリット2・お金がかからない!

成人式を控えている人たちのほとんどの人がスーツというものを持っていると思います。

大学に行っている人なら入学式で買う人が多いのではないでしょうか。

そこで、成人式には出たいけどお金はかけたくないという人は自分の持っているスーツで成人式に出てしまいましょう。

ビジネススーツしか持っていないからダサくみられてしまいそうという人でも大丈夫です。

その理由は後々お話していきましょう。

 

袴を着るメリット

メリット1・特別感を演出できる!

袴を着ることって一生に何回かあっていいほうですよね。

もしかしたら一回も着たことがないという人もいるかもしれません。

そこで成人式という一生に一度の式でなかなか着ることのできない袴を着ることによって忘れられない成人式になるのではないでしょうか。

また、袴は日本固有のものなので日本大好きという人は着てみるのもいいかもしれません。

日本の伝統的な儀式で日本固有の着物を着るなんて風流なことをしてみるのもおもしろいかもしれませんね。

メリット2・目立てる!

成人式で目立ちたいという人はスーツより袴のほうが目立てると思います。

せっかくの成人式、友達とカラフルな袴を着てみる…!なんてことをしても楽しいでしょうが、それだとちょっと目立ち過ぎだしそんなに派手なのはちょっと…。という人はお洒落な袴を着てみるというのはどうでしょうか。

単に袴と言っても一種類ではないですし友達とは被らない自分だけの袴をみつけてみるなんてどうでしょう。

スマートに自分らしく着こなすことで悪目立ちすることなく注目を集めることもできちゃうかもしれません。

 

ここまでは、スーツと袴のメリットについて話してきましたが上で話したようにビジネススーツしか持っていなくてどうしようという人のためにダサくならない着こなしについて話していこうと思います。

 

ダサくならない着こなし

まず基本のポイントとしてサイズ感がスーツも袴も大切です。

大きすぎてもだらしなくみえてしまうし、小さすぎても自分が動きにくいしパツパツになってしまってかっこいい着こなしとはほど遠いものになってしまいます。

 

スーツの着こなしポイント

ポイント1・ボタンの数で工夫する

スーツにはボタンがついていますが、みなさんのスーツにはいくつボタンがついていますか。
一番よく見かけるのは3つだと思うのですがどうでしょうか。

ボタンの数は少ない方がカジュアルに見えます。

4つボタンもカジュアルに見えるのですが持っている人は少ないと思うので3つまでのスーツのポイントについてお話ししていこうと思います。

<ボタン1つ>

まず、ボタンが1つのスーツは結構カジュアルな印象になってきます。
フォーマルな場面では着ることはまずないと思いますが成人式には着て行っても大丈夫です。

パーティー向きなスーツなので明るい印象になると思います。

<ボタン2つ>

次に、ボタンが2つのスーツです。

この場合のスーツはビジネスでもパーティーでも使えます。
ビジネスでは若い人が着ていることが多いのではないでしょうか。

このスーツを着るときのポイントは下のボタンを開けておくことです。

全部閉めてしまうと堅苦しい印象に見えてしまうと思います。
成人式に行くときは下のボタンは開けていきましょう。

<ボタン3つ>

そして、ボタンが3つのスーツです。

このスーツは得にビジネス向きで真面目な印象を与えることができます。
このスーツは1番上のボタンが襟に隠れていることがあります。

その際は、真ん中のボタンだけをしめるようにしましょう。
全部閉めてしまうとせっかくのスーツがかっこよく決まりません。

 

ここまでボタンの数についてお話ししてきましたが着てみたいスーツ、自分の持っているスーツは見つかりましたか。

次はスーツをふつうに着るだけじゃ物足りないという人のために小物を使ったアレンジを紹介していきます。

 

ポイント2・小物でアレンジ

小物を使ってほかの子とちょっと差をつけたい!なんて人もいるのではないでしょうか。
そんな人のためにスーツに合う小物を紹介していきます。

お金がかからないというのも小物でアレンジして着こなせばビジネススーツだってかっこよくなると思うからです。

<チーフ>

まず、チーフをしてみるというのはどうでしょうか。
私の成人式の時もしている人は結構いました。
四角くおったチーフが多かったと思います。

チーフを使うことで清潔感が演出されていたように思います。

<靴>

また、靴を変えてみるなんてどうでしょう。

黒のビジネス用の靴ではなく茶色にしてみるとかちょっとお洒落じゃないですか。
靴の色を変えるならベルトと鞄の色を変えることもおすすめします。
この3つはセットと思った方が失敗しません。

靴を茶色にするならベルトと鞄も茶色にした方が統一感があって綺麗に決まります。

 

私の知り合いには細見のスーツにワインレッドのシャツ、大きめのネックレスや指輪などつけてきている子がいたのですが、その姿を見たときどこの韓国人だよって思いました。
私の思い込みなのですが、韓国人はビーキャップにネックレス、指輪をして細身の服を着てるイメージがあってそれと被ってしまったんですね。
その子の周りの子もすごいな…。と言っていてお洒落もいき過ぎは理解されないものだと思いました。皆さんも気を付けてくださいね。

 

次に袴の着こなしについてお話ししていこうと思います。

 

袴の着こなしポイント

ポイント1・シンプルなものを選ぶ

まず、シンプルなものを選んでください。

派手な袴を着てみんなで騒ぎたいという人はいいのですが、それだとヤンキーに見えてしまうのでヤンキーに見られたくない人はシンプルなものがいいと思います。

ポイント2.柄で個性を出す

シンプルなものって言っても数は限られますよね。

ヤンキーに見られたくない!でも、周りと被りたくない!という人は柄の入っているものを選んでください。
柄の入っている場所、柄の種類、などで結構被りにくくなります。

私の知り合いでは家紋を入れている子もいました。
家紋を入れることで全く同じになることはほとんどなくなると思います。
私の成人式では家紋を入れている子は少なかったです。

家紋を入れることで自分の家について知るきっかけになるのではないでしょうか。

ポイント3.モノクロ

袴の色、迷いますよね。

無難なのは、白か黒です。白か黒が似合わないという人はなかなかいないと思います。

原色やパステルカラーならこの色似合わなさすぎるというのはあると思うのですが白と黒は今のところ聞いたことありません。

色の組み合わせでもモノクロだったら心配することもないですし1番無難だと私は思います。

それに、落ち着いた雰囲気も出せるのでモノクロいいと思います。

 

まとめ

スーツと袴どちらにするか、悩む男友達や彼氏にアドバイスができそうですか?

どちらともメリットはあるので簡単には決められないと思いますが、スマートに着こなせばどちらもかっこよく決まります!

失敗談もお話しさせていただきましたが、皆さんが失敗せずに素晴らしい成人式を迎えられるといいなと思っています。


振袖のレンタルご購入は本きもの松葉の各店舗にお問い合わせ下さい。

振袖レンタル・販売取扱店舗一覧

大阪市エリア

堺市エリア

南大阪エリア

泉州エリア

※クリックで振袖取扱店舗詳細ページが開きます。
レンタル振袖・振袖の購入を考えている方はお気軽にお近くの店舗または下のボタンからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ