FASHIONLEADERS 出演モデル紹介-その1-

皆さまこんにちは、振袖事業部の荒木です。

2018年も残すところあと数日ですね。
就職してから、毎年この時期は年末よりも年始よりも、成人式のことばかり考えているような気がします。
2019年の成人式まで約20日…。
今回もしっかり対応できるよう、準備を進めています。

さて、今回のスタッフブログは前回の記事(過去記事→コチラ)でレポートしましたFASHIONLEADERSにで、新作の「和振~わっふる」着てランウェイを歩いてくれたモデルさんをご紹介したいと思います!

関連記事はコチラ▼
2021年成人様対象 オリジナル振袖和振コーディネート
オリジナル振袖和振カタログ撮影 -スタジオ撮影編-
オリジナル振袖和振カタログ撮影 -ロケ撮影編-

 

ランウェイを歩いていただいたのと同じ順番でご紹介させていただきます!

トップバッターでランウェイを歩いてくれたのは後藤 栞奈(ごとう かんな)さんです。

薄いピンクの地色に大きく描かれた松竹梅と短冊の柄が印象的な振袖を着ていただきました。
着付けの時にグリーンの重衿がおしゃれでかわいいと喜んでくれたのがうれしくて、2週間以上経った今でもその時の会話を覚えています(笑)
オーディションの時のお洋服のコーディネートから、大胆な柄の振袖でも着こなしてくれるのでは…!と思っていたのですが、想像以上にかわいく着こなしてくれました♡

後藤さんとペアでトップを飾ってくれたのは齋 伶奈(いつき れいな)さんです。

齋さんは高校2年生。
ファッションショーの出演も初めてということで緊張されたと思うのですが、「綺麗な振袖を着せていただいたので、堂々といろんな柄を見せながら歩こうと思います」とショーの前に言ってくれた通り、堂々とランウェイを歩いてくれました。
華奢で可愛らしい齋さんの雰囲気に合わせて、振袖は白地に細かい柄のものを着用してもらいました。
予想通りよくお似合いで、振袖の可愛さを十二分に引き出してくれました!

3番目にランウェイを歩いてくれたのは細木 彩良(ほそき さら)さんです。

細木さんも齋さんと同じ高校2年生。
初めてのファッションショーで緊張しながらも、「ヘアメイクや着付けをしてもらって、すごくワクワクしてる」と頑張ってくれました。
色の白い細木さんなら難しい色の振袖も似合うはず!とにらんだ通り、水色の振袖を可愛く着こなしてくれました。
振袖にはウサギ(跳躍のシンボルとして好まれるので、ウサギの柄は結構多いです)がいくつも描かれているのですが、着付けの時に気づいてくれました!やった!皆さまもぜひ探してみてください(笑)

4番目にランウェイを歩いてくれたのは山口 真央(山口 まひろ)さんです。

山口さんも齋さん、細木さんと同じ高校2年生。
「綺麗なお着物を着させてもらったので、この着物の良さが伝わるように全力で頑張ります!」と全力で取り組んでくれました。
実はオーディションでお会いした時から、この振袖は山口さんに着てもらいたい!と思っていたので、こんなにカッコよく着こなしてくれて、とてもうれしいです♡
山口さんの一番好きな色は青色だそうなのですが、なんとブルーのボカシが目立つ振袖だったので、山口さんも「一番好きな色でめっちゃうれしい」と喜んでくれました(*^^*)

5番目にランウェイを歩いてくれたのは三宅 伶華(みやけ れいか)さんです。

高校3年生の三宅さんには、白地に大きな竹の柄が大胆に描かれた振袖を着用してもらいました。
実際の身長よりも大きくみえるような、すらりとしたプロポーションのお嬢様なので、大きな柄の振袖を着こなしてもらえるのでは!?と思っていたのですが、思った通りステキに可愛く着こなしてくれました。
今回着用してもらった振袖は、ご自分では選ばないタイプの振袖だったようなのですが、可愛いと喜んで着用してくれました。

6番目にランウェイを歩いてくれたのは舟川 祐果(ふなかわ ゆか)さんです。

舟川さんも三宅さんと同じ高校3年生。
白地の振袖なのも同じですが、白色自体の明度や柄の雰囲気が異なるので、同じ地色の振袖だとは思えないくらい違いがあります。
ショー当日までに何色の振袖着用することになるのか、ご家族で予想しあっていたそうなのですが、なんと!お父様が白の振袖と予想されていたそうです!さすがお父様!
お父様と私たちの予想通り、白地にビビットカラーの柄の振袖はよくお似合いでした♡

7番目にランウェイを歩いてくれたのは西藤 柚奈(さいとう ゆずな)さんです。

西藤さんは「和振~わっふる~」のカタログモデルもしてくれました(過去記事→コチラ)。
カタログ撮影の際は他の色の振袖を着用してもらったのですが、思った通り赤色の振袖も良くお似合いです♡
上品な古典柄の振袖がきっとよく似合う!と思っていたのですが、想像以上でした。
そして何より笑顔がキュート♡
一番最初に着付けをしたので、ショー本番まで約5時間振袖を着たままでしんどかったと思うのですが、「自信を持って頑張ります!」と笑顔でランウェイを歩いてくれました。

8番目にランウェイを歩いてくれたのは石川 もみじ(いしかわ もみじ)さんです。

石川さんは高校1年生。
今回ランウェイを歩いてもらったモデルの中では一番若いモデルさんです。
「振袖の良さを伝えられるように頑張ります!」と張り切ってショーに臨んでくれました。
石川さんに着用してもらったのは黒色に近い紺色、鉄紺色の振袖です。
大きい柄がたくさん配置された重ための柄行の振袖だったのですが、しっかりと着こなしてくれました。
はじける笑顔がとても可愛いです♡

 

長くなりそうなので、記事を二つに分けさせていただきます。
9番目のモデルさんからは-その2-でご紹介します!
ぜひそちらの記事にも目を通していただければと思います。
よろしくお願いいたします(^^)

 

 

最後に一件お知らせです。
本きもの松葉では、現在各店にて2018年最後振袖展を開催しています!
ゆっくりじっくり振袖を見たい方は、12月のご来店がおススメです♪

事前予約の方にはプレゼントもお渡しできますので、ぜひご予約ください。
ご来店お待ちいたしております!