浮いちゃうかな?ママの振袖リメイクってどう思う?


img_main03

成人式で身に纏う振袖は昔から女子の正装。特別な装いであるだけに決して安いものではありません。

そのため、お母さまやおばあさまが着られた振袖が大事に取ってある場合も多いでしょう。

お母さまが着られた振袖が家にある場合、新たに振袖を用意するかどうか迷うところ。お家の方は家にある振袖を着て欲しいと考えているかもしれません。

お母さまの振袖をリメイクしようか迷っているなら、先輩たちの声を聞いてみませんか?実際にお母様の振袖を着た先輩にアンケートを取ってみました。

 

ママの振袖リメイク、心配な点は何?

振袖リメイクの際に気になる点、それはただ1つ。

「時代を感じないか?」

実際にお母さまの振袖を着た方は、心配だったのが古臭くないか、という点のようです。

お母さまが着られたものであれば20年ほど前にあつらえたものでしょう。洋服で言えば、20年というと流行がかなり違うもの。そんな心配も頷けます。

そこで、現代の着物と異なる柄や雰囲気についてどう思うか、実際にお母さまの振袖を着て成人式に出たお友達がいる方に尋ねてみました。

すると「レトロな雰囲気が素敵」という答えが返ってきました。他にも「現代の柄と比べて上品」「趣がある」「重みが全然違う」といった意見も。

柄が古いかも……と感じているあなた、その古さが魅力のようですよ。

 

レトロ柄でも古く感じない、その理由

お母さまの振袖を着ているお友達を見ても「現代のものとしか思わなかった」という方や「帯周りが現代風だったから、全然古臭く感じない」という意見もありました。

そう、お母さまの振袖をリメイクして着るなら、こだわりたいのが小物なのです。着物の生地が古いものでも、上手に現代の小物を取り入れることで古く感じなくなるのです。

おすすめは、先にも述べたように帯周りを新しくすること。帯や帯締め、帯揚げなどをあなたに合わせて用意しましょう。

振袖を選ぶ際は、つい着物の柄にこだわりがち。でも、帯も大切なポイントのひとつなのです。同じ柄の着物でも、帯ひとつで明るく見せたり、大人っぽく落ち着ついた雰囲気に仕上げることができます。

現代の着物と雰囲気が異なり、どのような帯が合うかわからない場合には、着物のプロにコーディネートしてもらいましょう。お母さまの着物にどのような帯や小物を合わせれば良いか相談すれば、あなたに合った品をセレクトしてくれるはずです。

 

実際に着てみてどう感じた?

では、お母さまの振袖を実際に着た方はどう感じたのでしょうか?

ここでは、こんな親孝行な感想が聞かれました。

「母の着物を着るのが嬉しかったです。受け継がれた着物は重みがあります。リメイクして良かった」
「母の思い出が詰まった着物を着られて嬉しかったです。親孝行できたのも良かったかも」
「母の振袖がかわいかったので、着せてもらいました。」

自分からお母さまの振袖を着たいと申し出た人も、お母さまの希望で振袖リメイクをした人も「やって良かった」という意見が多かったのが印象的でした。

「自分の娘にも着せてあげたい」という感想もありました。大切に受け継がれた着物は、買ったばかりの着物とはちょっと違うようです。

 

では、振袖リメイクの良いところ、悪いところとは?

振袖をリメイクすると、一番良いのは「価格が安く済む」という点でした。もともと振袖があるので、小物や襦袢など必要最低限の物を揃えるだけで済み、出費を抑えることができます。また、現代とは異なる上品な柄やレトロさは、古風な柄が好みの人にとっては得難いプラスポイントです。

では、反対にマイナスの点はというと「自分の好みの柄ではなかった」「柄が明らかに周りと違い、気になった」という意見が。

また、綺麗にしてしまっておいても、経年変化で黄ばみなどが出ることがあります。裏地にシミがあったのが気になったという意見もありました。

 

振袖リメイクでお母さまが感じたことは……?

娘さんがご自分の振袖を着ているのを見た時にお母さまが抱いた感想をいただいています。

「自分が着た振袖を娘が着たのを見た時は、本当に感動しました。親に作ってもらい、とても大切にしていた振袖だから。それを娘が着たいと言ってくれて、嬉しかったです」

お母さまの振袖を着ることは、それだけで十分親孝行のようです。

 

一生に一度のことだからこそ考えてみて

あなたは、もしもお母さまがご自分の振袖を着てほしいと言ったらどうしますか?

本当は自分の好きなものを選びたいと思っていたのに、お母さまの振袖が好みの色や柄ではなかったら……?

実は、こんなお話がありました。

「自分は母の振袖を着ましたが、妹は絶対に着ないと言い、妹の成人式の準備中に母がとても落ち込んでいました。」

確かに、成人式に出席するのはあなたです。でも、お母さまの気持ちを考えてみましょう。お母さまはきっと、ご自分の着た振袖をあなたが着てくれると思い、これまで大切にしまっておいたのだと思います。

もしもどうしても着たくないのなら、少し対応を考えましょう。余裕があれば、ご家族で食事に出かける時にはお母さまの振袖を着て、式にはレンタルのもの……というように、少しでもお母さまの気持ちに寄り添うと喜ばれるでしょう。

 

お母さまの振袖は、お母さまの思い出とともに、お母さまの親御さんの思いも一緒に詰まった大切な振袖。その振袖にあなたが袖を通すということはとても素晴らしいことです。

もしもお母さまの振袖があるならば、袖を通して鏡の前に立ってみてください。お母さまに似合うように仕立てられた着物は、娘のあなたにもきっと似合うはず。時を重ねた貴重な図柄を楽しんでみてくださいね。

本きもの松葉では、ママ振袖リメイクのお手伝いができます。汚れ落としからコーディネートまで、お気軽にご相談下さい。


振袖のレンタルご購入は本きもの松葉の各店舗にお問い合わせ下さい。

振袖レンタル・販売取扱店舗一覧

大阪市エリア

堺市エリア

南大阪エリア

泉州エリア

※クリックで振袖取扱店舗詳細ページが開きます。
レンタル振袖・振袖の購入を考えている方はお気軽にお近くの店舗または下のボタンからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ